よく読まれている記事

社会福祉士

社会福祉士の国家試験で抑えるべきポイントとは?

社会福祉士の国家試験は例年1月下旬~2月上旬に年1回実施されます。合格率は概ね25~30%で推移しています。受験者には社会人も含まれるため超難関とは言い難いですが、しっかりと勉強をしなければ合格することが出来ない試験であるということは間違いないでしょう。

続きを読む

社会福祉士の仕事内容を紹介! 夜勤はあるの?

介護分野の仕事では、介護福祉士という職業がよく知られていますが、同じく「社会福祉士」という職業もよく耳にするのではないでしょうか。
介護福祉士は高齢者の食事介助や更衣の介助、入浴介助といった具合になんとなく仕事内容を想像することができますが、社会福祉士とはどのような仕事をするのか知っていますか?
今回は社会福祉士の仕事内容や主な就職先、勤務体制として「夜勤」があるのかどうかを解説します。

続きを読む

有効求人倍率からみる社会福祉士の就職状況

介護・福祉業界は慢性的な人手不足であると言われています。しかし、介護・福祉業界といっても介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、ヘルパー、看護師、理学療法士、相談員、事務員、管理職など、さまざまな職種が関わります。
保育士や栄養士といった一見関係のなさそうな職種も障害児保育や入居者の栄養管理ということで求人があります。そのため、介護・福祉分野といっても、その職種によっては求人が多い・少ないといった違いがあるのです。
「社会福祉士」は介護・福祉分野といえばすぐに思い浮かぶ職種ですが、有効求人倍率は低いようです。

続きを読む

高齢者に対する社会福祉士の需要が増大!

社会福祉士は、生活保護や児童福祉、障害者支援、高齢者介護、と福祉分野で幅広く活躍しています。
そのため年齢や生活環境が異なる様々な人達と関わっていますが、なかでも介護業界での高齢者に対する社会福祉士の需要が高まっています。

続きを読む

各分野における社会福祉士の役割とは?

社会福祉士は市町村や地域に住む人々の福祉を、特に高齢者や障害を持った方など日常生活に援助が必要な方の福祉に関する相談に乗り、より良い住環境を整える役割を担っています。
社会福祉士としての基本的な役割は、どこで働いていても、誰に対しても同じですが、それぞれの分野ごとに役割や果たすべき業務が異なっています。
ここでは、「医療の分野」、「老人福祉の分野、「児童福祉」の分野での社会福祉士の役割を見てみましょう!

続きを読む

社会福祉士の収入はどれぐらい?独立すると年収は高くなる?

社会福祉士の活躍の場は広く、福祉業界を中心に社会福祉士の需要は大きいようです。
そのため、仕事内容は勿論のこと、職場や職種によって年収や待遇も異なるので、社会福祉士として働く際には、収入の面も含めて選択肢が広くなります。では、社会福祉士の収入や職場の違いを見てみましょう!

続きを読む