Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
社会福祉士の必要性 ~社会の問題と寄り添う~ - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

社会福祉士の必要性 ~社会の問題と寄り添う~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「社会福祉士」の人数不足は近年どんどん加速し、今まで以上に必要性が増してきているとされています。その理由はなぜなのか見ていきたいと思います。

社会福祉士の仕事内容

「社会福祉士」は、「身体的」・「精神的」・「経済的」などにおいて問題を抱えている児童から高齢者。さらには「身体・知的障がい者、高齢者、貧困者、母子家庭、虐待の恐れのある子供、非行や不良行為に関わる子供」などや、またその家族の相談業務などを中心に、日常生活上で問題なく過ごせるように支援をしていくことが主な仕事内容とされております。

具体的には在宅、施設などで生活をしている方などの相談に対応し、必要な助言や利用可能な制度・サービスの紹介などをはじめ、サービスの利用調整、または関係者間の連絡など取り、相談者の支えとなれるよう抱える課題を解決するために様々な仕事をします。

なぜ必要とされているのか

「社会福祉士」の必要性としていくつかのわけがあります。まず、これから日本では超高齢化が進み、2025年では5人に1人が75歳になる見通しとなっています。その面で今後「医療」・「介護」・「福祉」サービス整備が急務とされており、仕事の場も多岐に渡ります。

また、子供へ対するDVや虐待などの卑劣な事件が続発しており、死亡までしてしまう子も多くいます。近年、大きな問題を抱える子供も増えているのは確かなことだといえます。問題を未然に防ぐために相談支援体制が強化され、多くの対策も取られています。子供たちが苦しみを感じることなく、楽しく幸せな日常生活を送ってほしいですね。

そして、身体的・精神的なハンディキャップを持った障がい者の方たちの生活上、不利なことがある場合があります。その際に「相談、調査、更生」の要否や種類を判断して、施設利用者が医療を受けたい時や、義手・義足が必要な時、施設に入所して訓練を受けたい時、その他に日常生活や職業上で困っている方へ、正常者に劣らぬような技術や生活サポートを第一に考えられて、適切なアドバイスをします。

最後に、貧困者の多いことが問題となっています。日本は米国、中国に次ぐ世界3位の経済大国と知られています。しかし、7人に1人は貧困者といわれています。その理由はひとり親家族というかたちで家庭を支えることができないところが多くあり、子どもの世話、親の対応にかかる費用が間に合わず貧困者へとなってしまいます。

このような問題から抜け出すため、子どもから親への支援対策などの提供サービスをすることで、自分一人で養おうと苦しんでいた部分を補えるようにします。その他にも、福祉・介護面を中心に多くの場で「社会福祉士」の仕事は広がっています。

まとめ

今でも問題となっていることが、これから更にどんどん多くなっていくと思います。その問題解決に寄り添うため「社会福祉士」の必要性はますます増えることでしょう。
社会福祉士としての活躍の場をお探しの際には、ふくしごとジャーナルまでお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。