よく読まれている記事

レクリエーション介護士

これから高まる!レクリエーション介護士の需要

介護の現場に「もっと楽しい事があればいいなぁ。」介護を受けている方はもちろん、ご家族の方、介護の現場で働いている方、誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか? そんな、”現場の声”から誕生した新しい資格、それが『レクリエーション介護士』という資格です!

■介護を受ける方を楽しませるスペシャリスト

 
”くるしい・つらい・楽しくない”、そんなイメージを持たれることも多い介護の現場。
その介護の現場に”楽しみ(娯楽)”を取り入れようという趣旨で2014年に作られた新しい資格が『レクリエーション介護士』ですが、具体的にはどのような内容のおしごとなのでしょうか?

■これから高まる!レクリエーション介護士の需要。

現在、すでにレクリエーション介護士の資格を取得している方で、介護施設での募集が案外少ないと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

”介護の現場にも楽しみ(娯楽)を!”という、現場の声から生まれたレクリエーション介護士ですが、資格制度が整えられてからまだ年月が浅いのと、介護の現場が慢性的に働き手が不足していて、楽しみ(娯楽)を提供する段階まで達していない介護施設が多いことが、レクリエーション介護士の募集があまり多くないことの原因ではないかと考えられます。

ですが、介護施設の利用者やその家族が、”どこどこの施設にはレクリエーションのプロが居る!”、”あそこの施設を見学したときは、みんな楽しそうにレクをしていた”と、知ってもらえれば、口コミでレクリエーション介護士の需要は高まって行くはずです。

そういった利用者側の要望・希望を受けて、先進的な取り組みとして、レクのスペシャリストであるレクリエーション介護士を現場に配置して、他の施設との差別化を図りたい施設から、レクリエーション介護士の募集が増えることも十分考えられます。

■早めの取得を心掛けたい!レクリエーション介護士2級

レクリエーション介護士の資格には1級と2級があり、レクリエーション介護士1級試験の受けるには、レクリエーション介護士2級の資格を持っていることが必須要件です。

しかし、2018年現在、”レクリエーション介護士2級”には、受験資格の規定がありません。つまり、今が取得するべき時なのです。レクリエーション介護士の求人が多くなる前に、まずは早めの2級の取得をお勧めします。

■まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回はレクリエーション介護士の需要の現状とこれからの展望についてお話してきましたが、興味が湧いてきましたでしょうか?まずは、2級の資格勉強から始めてみませんか?

これから需要が高まることが予想される、レクリエーション介護士。ふくしごとジャーナルでは介護の現場で働きたいあなたの就職・転職を応援しています。

笑顔を届ける資格! レクレーション介護士!

少子化と高齢化が進む日本社会。介護を受ける高齢者が増えて中、レクレーション介護士の活躍が求められています。レクレーション介護士の資格について調べて見ましょう。

■レクレーション介護士とは?

日本アクティブコミュニティ協会が2014年に新設した資格が、レクレーション介護士資格です。近年、レクレーションによる身体機能の向上が注目され、高齢者にも可能な運動を行う為、介護の現場からの要望にこたえる形で誕生しました。正しいレクレーション知識を身につけるための資格です。

レクレーション介護士には1級と2級、2つの等級があり、1級を取得するためには2級の資格がなくては取得することが出来ません。下記に2級レクレーション資格取得方法を記載します。

◎通信教育と通学講座、介護関連事業者向けの団体研修。
◎与えられた4回課題を全て提出する、試験課題で60%以上取得する。
◎通学講座で筆記試験+添削課題をクリアすること。

以上3つが2級資格の短期間の取得方法になります。

■レクレーション実施は介護現場の課題

高齢者施設では人手不足から、食事、入浴、排泄など日常生活介護が優先され、レクレーションは後回しにされがちになっていました。

介護士の中には介護の知識はあってもレクレーションの知識や経験がないことで、何をすればいいのかわからず、レクレーションを重視せずに軽く考えている人が多くいました。
そんな事情もあり、介護士からレクレーションを学びたいという方が増えてきました。

■レクレーションの重要性!

介護施設が増える傾向にある中で

「退屈な施設にはいきたくない」
「充実したレクレーションを行いたい」
「利用者がもっと元気になって欲しい」

と利用者、事業所、介護士の各々の要望が重なりレクレーションの重要性が注目されてきました。

■レクレーション実施力を資格化する意義

介護におけるレクレーションは、遊びや気晴らしと言った単純なものではありません。日常生活で加齢による意欲低下や楽しみ、生きがいが失われつつある中で、「新しい生きがい」を作り出す役割、身体を動かすことによって機能回復や介護予防の効果で「楽しむことを持続させる」という役割を担っています。

■まとめ

レクレーション介護士の仕事としてのやりがいは、介護の現場においてレクレーションを通じ利用者に笑顔を与えることといえるでしょう。又、それと同時にレクレーション介護士は、高齢者の身体機能回復と介護予防を図り、生活を続けていく希望と生きがいを作り出す役割も担っているのです。

レクリエーション介護士の資格を有し、活躍の場をお探しの際には、ふくしごとジャーナルまでお気軽にお問合せください。

レクリエーション介護士の現在の必要性と理由

レクリエーション介護士という職業の、いま現在の必要性と今後の仕事としての在りかたというのをみていきましょう。

■レクリエーションを立案・実行し得る人は介護現場で貴重な存在

国家資格である介護福祉士と違い、民間資格なので、レクリエーション介護士の資格を持っていなければできない仕事といったものは基本的にありません。ただし実際の介護現場では、レクリエーションは日々求められるものであることから、知識と経験を持たない職員しかいない場合、大きな負担となってくることも珍しくありません。

このため、日々のレクリエーションを考え、実行もできる職員は介護の現場にとっても貴重な存在となることから、就職の際にかなりの武器となる資格となってきます。

■レクリエーションには「生きがい」を与える力が宿る

元々レクリエーションは、仕事や勉強のストレスを解消するため、肉体・精神の疲労を癒し、身体を回復させるための休養や息抜きをすることを目的としておこなわれます

ただし、介護の現場で求められるレクリエーションは、それに加え、身体や精神に障がいをもって、自分が思うような行動ができなくなり、若いころのようにはいかなくなった方々に、喜びを分かちあい生きる希望を持ってもらう事が目的で行われるものとなります。

■レクリエーション介護士2級取得で最初のステップを踏み出そう!!

現在レクリエーション介護士自体の資格は1級と2級があり、2級は通信での講座を受けたりなどすると、手軽に資格を得る事が可能ですし、どちらともきちんと履歴書に記入することが出来るので目指してみるのもいいでしょう。

■レクリエーション介護士1級取得でさらなる力を発揮する!!

1級は2級を保持していて、その後現場での担当経験、もしくはフォローアップ研修というのを30時間以上受けた後、1級を合格すれば1級取得という事になりますが、それと同時にレクリエーション自体の質の高さを求められてきます。

また日々行うレクリエーションには、介護者へ活力と生きがいを与えると同時に、身体機能の維持及び低下防止をはかることも求められます。ということは、理学療法士(=PT)、作業療法士(=OT)、言語聴覚士(=ST)の知識も同時に必要となってくることにつながり、将来さらなるステップアップへの礎となる資格といえるのではないでしょうか。

■まとめ

レクリエーションは介護の現場において、生きる希望を与えるといった点において、とても重要で、その必要性が高まることはあっても低下することはありません。レクリエーション介護士取得は、介護の現場で働いていくうえで、必ず大きな武器となることでしょう。

レクリエーション介護士を求める未来の職場が、あなたの力を求めています。ふくしごとジャーナルまで、ぜひお問合せください!!

レクリエーション介護士資格を得るための試験内容とは?

レクリエーション介護士資格は、レクリエーションを通じた運動機能の改善(リハビリ)や、精神面の安定をはかる事により日々の生活をより楽しく過ごしてもらうという、介護において重要な役割を担うことから、民間団体の資格ではあるもの、資格試験に合格する必要があります。ここではその資格試験の内容をまとめてみました。

続きを読む

近年におけるレクリエーション介護士の必要性とは?

高齢者を取り巻く状況の変化や初任者研修制度などの介護職員を養成するシステムの構築が進んだ現在において、介護福祉士をはじめとする介護職員の数は格段に増加しています。
介護福祉士の登録者数をみてみると、平成18年の介護福祉士登録者数は547,711人でしたが、平成28年には1,494,460人と2倍以上増加しています。(厚生労働省データより)
人材は増加していますが、介護福祉士をはじめとする介護職員の求人募集はどの地域をみても「募集がない」という状況はあまりないでしょう。

続きを読む

国家資格ではないレクリエーション介護士が必要な理由

レクリエーション介護士とは、日本アクティブコミュニティ協会が認定している資格のひとつです。介護分野の代名詞ともいえる「介護福祉士」は国家資格ですが、このレクリエーション介護士は民間資格になります。
現在ではレクリエーション介護士の資格を取得していなければできない業務や施設運営はありませんが、近年の介護現場ではレクリエーションを計画・実行できる人材の需要は非常に高いと言えます。

続きを読む

最近注目されているクリエーション介護士の合格基準は?

レクリエーション介護士という資格をご存知ですか?新しくできたばかりの資格であるため、あまり知名度は高くないかもしれませんが、介護や福祉の現場で働く人にとっては注目をされている資格のひとつです。
介護の現場では食事・入浴・移動・更衣・掃除といった日常生活を過ごす上で、自分自身ができないこと・手助けが必要なことを援助していきます。しかし援助をしている以外の時間、つまり利用者様の余暇時間の過ごし方に注目が集まっています。

続きを読む

レクリエーション介護士の資格が役に立つ環境とは?

レクリエーション介護士の資格は2014年に制定された新しい資格ですが、レクリエーションの効果が注目されているため人気の資格となっています。
しかし、レクリエーション介護士という資格のみで仕事を行える環境は、今のところそれほど整っていないのが現状です。現段階で、また今後レクリエーション介護士の資格が役立つ環境はどのようなところでしょうか?

続きを読む

レクリエーション介護士は人気資格!?1級と2級の違いは?

レクリエーション介護士は2014年に制定された資格で、国会資格ではありませんが、人気の資格となっており、実際の介護現場でも需要の高い資格となっています。これほどまで、人気を集めているのはなぜでしょうか?
また、レクリエーション介護士の資格は2級から1級とレベルが2段階あります。どのような違いがあって働き方に影響はあるのでしょうか?

 

続きを読む