Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
魅力とやりがいのある言語聴覚士 - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

魅力とやりがいのある言語聴覚士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国家資格である言語聴覚士は医療の専門職なりますので、生涯を通じてやり続けられる仕事です。たとえ一時的に離職などをしても再就職先を見つけやすいといえます。女性が活躍する仕事と思われた言語聴覚士はひと昔前で、近年では多くの男性の方も活躍しています。今回は言語聴覚士のその魅力とやりがいについて、実際に現場で活躍する人の声を聞いてみました。

そのやりがいと魅力

〇発揮できる専門性が魅力
言語聴覚士の仕事の基本として、「食べる・話す・聞く」が主な専門的仕事となります。
理学療法士ですと「歩く・立つ・座る」などが専門的仕事でリハビリと言われています。
言語のリハビリは他のリハビリに比べ、より狭い範囲内での専門性を発揮できるところにやりがいと魅力を感じることができます。

また周囲の医療スタッフに現場で頼られる場面も沢山出てくるため、長く経験を積めば積むほど、専門性は深められ自身のスキルアップに繋げることもできる点も魅力の一つと言えます。

〇一緒に変化を喜びあえる魅力
その人それぞれになりますが、言葉を発することできない状態からリハビリを通じて、患者さんがちゃんとした言葉発することに立ち会える瞬間がやりがいの一つです。患者さんの喜ぶ顔を見ると、自分のスキルや経験が人の役に立っていることが実感できるはずです。

日々、言語聴覚士として患者さんに寄り添い、リハビリを通していい方向へむかえることは、言語聴覚士として成長を積み重ねることができます。それらは、この仕事の魅力部分でやりがいに繋がると思います。

〇絆の大切さ
言語聴覚士として、その人に合ったリハビリプログラムを考えるためには、その患者さんの現状や病歴はもちろんですが、患者さんの性格面や趣味、趣向、家族構成や環境面、さらにはこれまでの患者さんがどんな人生を歩んできたのかも理解することが大切になってきます。

患者さんとのコミュニケーションを取れば取るほど、リハビリを進めるなかで患者さんとの絆を深めることもできます。コミュニケーションの大切を実感できる点に魅力を感じとれ、絆の大切さを学べることもやりがいになるかもしれません。       

まとめ

言語聴覚士のやりがいと魅力を特集しましたが、いかがでしたでしょうか。それらを実感できるのは、言語聴覚士のお仕事をする中でやりがいを患者さんと一緒に実感できる点は、大きな魅力と言えるでしょう。

言語聴覚士としての活躍の場をお探しの際には、ふくしごとジャーナルまでお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。