よく読まれている記事

実務者研修

実務者研修を修了した場合の有効期限は、 何年でしょうか

実務者研修は、介護福祉士の国家試験を受ける為の条件に指定されています。スキルアップや資格の向上には、介護福祉士の資格を取得したいと思うことでしょう。では、実務者研修の資格に効期限はあるのでしょうか?ここで紹介してみましょう。

■実務者研修を修了するいろんなパターン

2013年の4月から介護資格の一本化によりキャリアパス制度に統一されました。

・介護や福祉、医療についての知識も実務も「未経験でも」、実務者研修を専門のスクールにて学ぶことができます。その場合は、受講時間が450時間受けることになります。
(ホームヘルパー3級を持っている方も新制度では未経験と同じ受講時間になりました)

・「介護職員初任者研修を修了」している方は、320時間の講習を受けます。
(ホームヘルパー2級を持っている方も、介護職員初任者研修と同じ扱いとなります。)

・「ホームヘルパー1級の資格」をもっている場合は、95時間の受講時間です。

・介護職員基礎研修の修了者は、50時間の受講時間が必要になります。

※スクーリングの実習が6~7日間が必修です。

■介護福祉士の国家試験とその後の流れ

◎平成28年からの受験資格=実務者研修の修了と3年の実務経験

毎年1月に試験が予定されています。それに合わせて、前年の12月までに実務者研修を修了しておかねばなりません。また受験資格には3年間の介護の現場での実務経験が必要です。
国家試験ですので、簡単にうかるものではありません。仮に試験に不合格になった場合の事も考えておきましょう。

実務者研修の役割は、受験資格ばかりではありません。介護の現場では専門の知識と経験によって、活躍が期待されています。訪問介護事業所において「サービス提供責任者」になることができるので、仕事の幅も広がってくるでしょう。介護福祉士の国家試験に受からなかったとはいえ、キャリアパスの道が閉ざされたわけではありません。次回の受験に備えるのもよいでしょうし、介護の現場で確実に経験を積んでいって役立てるのも良いでしょう。

■では、何年までに介護福祉士になればいいの?

実務者研修は資格の一つですので、有効期限は存在しません。いつまでも介護の現場で活躍できますし、最終的な目標である「介護福祉士」や「認定介護福祉士」になる機会はこれからも十分にあるのです。

■まとめ

実務者研修を修了することは、介護の現場で役立てる為のスキルであり資格でもあります。有効期限を気にするよりも、着実に知識と経験を積むことで国家試験に受かるほどの実力も養われてくる事でしょう。

神奈川県での医療や福祉関連の職探しや転職情報には「ふくしごと」をご利用ください。

介護福祉士・実務者研修の義務化の内容とは

介護福祉の実務者研修は、将来的には「介護福祉士」という国家試験に合格してランクアップやスキルアップを目指す事になると思います。平成29年1月以前までは、3年の実務経験があれば国家試験を受けることができましたが、平成29年1月から実務者研修は、義務化となっております。その理由とはどこからくるのか詳しく説明したいと思います。

■実務者研修の義務化の理由とは、

厚生労働省によると、介護福祉の現場でより専門的な知識と責任感を抱かせることとなっているようです。その為には、資格の価値を高めるための方針が出されました。

・キャリアパスの評価制度=従来の評価制度は、笑顔で接するなど社会人としての常識的な行動によるものでした。キャリアパスの評価制度とは、安全な介助など技術的なことによるものです。知識や技術を積み重ねる制度です。

・国家資格に必要な実務者研修=2か月~6か月(受ける条件によって異なります)実務者研修を受けたことによって、サービス提供責任者になれます。介護福祉士の国家試験を受ける為の義務化となりました。

・上級資格となる認定介護福祉士の設立=最終的には介護福祉士の中の頂点となります。その為には、介護福祉士としての実務経験が5年以上などの資格が必要になります。現任研修受講による100時間以上の受講とレポート等。

これらの資格や地位を統一することで、介護福祉士の向上につながることになるためです。
ひいては、給料や待遇面でのアップにつながるのではないでしょうか。

■介護福祉の実情とは、

現在、介護福祉の現場では、高齢化や健康を維持できていない人たちが増加している為に
資格がなくても、務めているのが現状です。これは、介護補助と呼ばれていて、仕事には制限があるので、すべての事に関わることができません。しかし、だからと言って、専門の知識や介護に対する責任感がなくてはなりません。実際の現場の仕事からしか学べないこともあるのでそれは、今後に生かされてきます。そこで経験した人達には「初任者研修」や「実務者研修」を受けることが望まれています。

■実務者研修の義務化による、その先には?

介護福祉士とは、国家試験なので、それを目指す人たちの目標となりますが、これからは、試験を受ける条件に実務者研修で習得する専門知識と実技習得で受験者の能力を高めることになるのです。ますます介護福祉士の資格は、社会からの認知を高めていく事になり、結果的には、待遇面の向上につながってくるのだと思います。

■まとめ

実務者研修の義務化とは、自分の能力を高めるうえで必要なことであり、資格の価値を社会に認めてもらう 事になるでしょう。介護福祉士として神奈川県内で職場を検討される際には、ふくしごとまでご相談ください。

実務者研修を受ける時はどういう服装が良いのか?

■実務者研修の実習前での心構え

実務者研修は、高度な知識と介護技術を身に付けることができます。また、実習では利用者のことも考えながら、研修生としての立場や適度な緊張感をもち、責任感ある姿勢で真剣に臨むことが大切です。
研修指導者や職員、利用者に学ぶという謙虚な姿勢を持ち続けることも必要です。礼儀正しく、言葉遣いにも十分気を付け対応します。あいさつも大事です。声かけや優しい会話は場をなごやかな雰囲気にし、良い人間関係を作ることになります。

続きを読む

「介護職員実務者研修」の実習の内容とは!

「介護職員初任者研修」では、130時間の講習で介護のための知識と技術を学びます。対して「介護職員.実務者研修」では、内容をより専門的に学べます。加えて 喀痰吸引と経管栄養の実技も、学んでいきます。
 それでは、具体的な実習について詳しく述べていきましょう。

続きを読む

実務者研修の貸付金制度の要綱を紹介

第29回介護福祉士国家試験(2017年)より、働きながら実務経験を経て受験資格を得るには、介護施設などの指定された事業所での実務経験が3年以上という要件に加えて、「実務者研修を受講して修了しておくこと」という要件も追加されました。

続きを読む

実務者研修にテストはあるの?気になる実技の内容も

実務経験を経て介護福祉士の受験資格を得るには介護施設などの指定された事業所での実務経験が3年以上という要件に加えて、「実務者研修の修了」が要件となっています。
実務者研修は最長で450時間の受講となりますが、講義だけではなくテストや実技もカリキュラムに含まれています。
・せっかく受講したのに、テストに合格できなかったらどうしよう…
・実技がうまくできるか自信がない
このような悩みを抱えている方も少なくありません。
では、実務者研修のテストや実技はどれほどの難易度なのでしょうか?

続きを読む

実務者研修のベストな受講タイミングとは?

介護職員のスキルアップを図る研修のひとつである介護職員実務者研修(以下、実務者研修)。何も資格がなければ修了するまでに6カ月という長い期間を要します。
介護職員としての幅広い知識や技術が習得できる内容となっていますが、特に重要となるのが実務経験を経て介護福祉士の受験を目指す場合にはこの実務者研修を修了しておくことが必須となる点です。

続きを読む

認知症介護実践者リーダー研修とは?

認知症介護実践リーダー研修とは、介護現場における認知度介護のスペシャリストを養成することを目的とした研修です。
この研修は、介護スタッフ(ケアワーカー)、介護福祉士、ケアマネジャーといった介護分野に携わる職種の方がよく受講されていますが、近年において認知症ケアの必要性が高まっていることから看護師や理学療法士などのコメディカルスタッフも受講されています。

続きを読む

【介護福祉士】実務者研修の免除科目と料金まとめ

介護福祉士の国家試験を受験するためにはいくつかの履修ルートがありますが、実務経験を経て受験を目指す場合、3年の実務経験に加えて実務者研修を修了しておく必要があります。
この実務者研修は無資格でも受講することができますが、その場合には450時間、概ね8カ月もの期間を要します。
スクールによっては一部自宅学習ができる科目もありますが、働きながら修了を目指すとなるとかなりの負担となってしまいます。
実務者研修には既に取得している資格や修了している研修によって免除となる科目があります。最大で400時間の免除、つまり50時間程度で実務者研修を修了することもできます。

続きを読む