Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
実務者研修の取得日数を短縮する道とは - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

実務者研修の取得日数を短縮する道とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実務者研修の受講取得は、介護福祉士を目指すうえで、避けては取れないものです。実務者研修を取得する方法は2通りあり、そのルートについて解説しましょう。

■介護職のキャリアスタート=初任者研修

受講カリキュラム130時間で取得可能、介護福祉士の受験資格にはならないので次のステップの実務者研修を取得してから初めて介護福祉士国家資格の受験資格が得られます。介護福祉士のキャリアパスにおいて実務者研修は、国家資格を受験するために必要です。

※医療的ケア(喀痰吸引・胃ろう管理)を受講するには、さら50時間の講習と実技が必要です。

■初任者研修のステップアップ、実務者研修を取得すると何ができるの

介護福祉士の受験資格が得られます。サービス提供責任者になることができます。喀痰吸引や胃ろう管理の医療行為ができます。(取得には、50時間の実技と講習が必要)

■無資格からでも実務者研修を最短で取得する近道とは

普通、お勧めの実務者研修へのステップをしていくルートは、無資格から介護初任者研修を受講したのちに実務者研修を受講するルートが一般的ですが、基本的に実務者研修を受講するための条件はありません。実は無資格や未経験者でも実務者研修を受講することは可能なのです。

資格を持っていない場合は450時間の講習を受講することで実務者研修の受講要件を満たすことができます。ちなみに初任研修を持っていれば320時間の受講となります。どちらのルートを選択するかは下記を参照してご検討ください。

①無資格 → 実務者研修(450時間のカリキュラム、約6ヶ月)
②無資格 → 初任者研修(130時間のカリキュラム、約1か月) → 実務者研修(320時間のカリキュラム。通学だと最短約4~6ヵ月・通信だと約1か月)

こうやって見ていくとわかりやすいですが、①でも②でも実務者研修を修了するまでにかかる時間は、どちらであっても実質トータル450時間で変わりませんが、実務者研修の修了を目的とした場合、実務者研修取得に集中して時間を費やす方が、結果として短期間で資格取得できるうえに、その先の介護福祉士の受験資格要件も早期に得られるわけですから、介護職でのキャリアアップスピードを考えた場合、最短のルートであるということができます。

■まとめ

無資格からでも直ぐに実務者研修を受講するルートと、初任者研修取得終了をへての実務者研修の資格取得するルートの2通りありますが、どちらを選ぶかは様々なケースがあり人それぞれでしょう。実際に現場で仕事をしていて長く介護の仕事に従事している場合や、まだ経験が浅いといったことを考慮してどのルートがいいのかよく検討して選択していくとよいでしょう。

神奈川県での医療や福祉関連の職探しや転職情報には「ふくしごと」をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。