Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
認知症介護基礎研修について ~患者さんとその家族に寄り添そう~ - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

認知症介護基礎研修について ~患者さんとその家族に寄り添そう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

認知症と言えば、高齢になってくると発症する疾患ですが、最近では若年性認知症も少なくありません。もしも、身内や知人に認知症を発症したら、これから先、お互い不安な気持ちでいっぱいになるでしょう。そんな患者さんおよびその家族が、幸せに生活できるようにサポートすることが介護職の仕事です。今回は、認知症介護基礎研修についてご紹介していきます。

認知症とは?

認知症介護基礎研修についてご紹介していく前に、認知症についてまとめてみました。
認知症とは、1度成長した脳組織が、何らかの原因で壊され、損傷前にあった知能を中心とする精神機能が低下した状態のことをいいます。

認知症の主な症状に、知的症状や自発性の障害、感情の変化、性格の変化、その他運動機能の低下や妄想・幻覚・興奮・暴行・暴言・徘徊行為などが見られます。

認知症の種類については、「アルツハイマー型認知症」や「脳血管性認知症」、「レビー小体型認知症」の三大認知症や「前頭側頭型認知症」があります。

その中でも、アルツハイマー型認知症は女性に多く、脳血管性認知症は男性に多い疾患です。原因については、解明されていないものから頭部外傷によるもの、アルコールや薬物によるものなどがあります。

認知症介護基礎研修とは?

認知症介護基礎研修は、認知症介護に携わっている介護職員に受講資格がある資格です。経験が浅めの方向けの研修になっているため、所有資格は特に問われません。

認知症に関する基礎知識や技術について、講義と演習を通して学びます。修了試験などは特にないので、全てのカリキュラムに参加すれば修了することができます。
カリキュラムについては以下の通りです。

〇 認知症の人を取り巻く現状
〇 認知症の人を理解するために必要な基礎知識
〇 具体的なケアを提供するときの判断基準となる考え方
〇 認知症ケアの基礎的技術に関する知識
〇 認知症の人との基本的なコミュニケーションの方法
〇 不適切なケアの理解と回避方法
〇 病態・症状などを理解したケアの選択
〇 行動・心理症状(BPSD)を理解したケアの選択と工夫
〇 自事業所の状況や自身のこれまでのケアの振り返り

資格を取得するメリット

認知症介護基礎研修は、認知症ケアの第1ステップです。この資格を取得していればさまざまなメリットがついてきます。例えば、

・正しい知識を学べる
・疾患を正しく理解することで、本人やその家族の気持ちにもっと寄り添いやすくなる
・スキルアップに繋がる
・就職や転職に有利になる

まとめ

認知症は年齢に関係なくかかりやすい疾患です。だからこそ、疾患にかかってしまった患者さんやその家族を十分にサポートできるようにするためには、認知症について正しく理解することが大切です。そうすることで、お互い信頼しあえる間柄にもなりますし、仕事にやりがいを持ってできることでしょう。

介護士として活躍の場をお探しの方は「ふくしごとジャーナル」までお気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。