Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
3月 2018 - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

2018年 3月 の投稿一覧

認知症介護実践者研修の報告書の書き方

○認知症介護実践者研修とは?
認知症介護実践者研修とは、認知症介護に関する、より実践的な知識や技術を身につけることを目的とした研修として知られています。
認知症介護実践者研修を受講する目的はスキルを身につけるだけではなく、実務においても以下の役職に就く場合においては、この研修を修了しておく必要があります。

続きを読む

近年におけるレクリエーション介護士の必要性とは?

高齢者を取り巻く状況の変化や初任者研修制度などの介護職員を養成するシステムの構築が進んだ現在において、介護福祉士をはじめとする介護職員の数は格段に増加しています。
介護福祉士の登録者数をみてみると、平成18年の介護福祉士登録者数は547,711人でしたが、平成28年には1,494,460人と2倍以上増加しています。(厚生労働省データより)
人材は増加していますが、介護福祉士をはじめとする介護職員の求人募集はどの地域をみても「募集がない」という状況はあまりないでしょう。

続きを読む

社会福祉士が知っておくべき保険・医療・福祉に関する法律とは?

社会福祉士は社会福祉協議会や行政、病院、介護施設、障害者施設、児童関連施設などさまざまな分野で活躍をしています。
社会福祉士になるまでにそれぞれの分野について学び国家試験を受験しますが、就職をしてから管轄となる分野の知識をより深めていく必要があります。
社会福祉士の資格を取得した段階では、まだスタートラインにたったばかりということを認識しておきましょう。

続きを読む

言語聴覚士を志すきっかけや理由とは?

リハビリの3職種といわれる言語聴覚士は言語や聴覚、嚥下機能に何らかの障害がある方に対してリハビリを行い、機能の回復を図ることで再び自立した日常生活ができるように支援したり、ときには社会復帰のための手伝いをしていきます。
医療や介護、福祉業界に勤めている方には馴染みのある職業ですが、世間では言語聴覚士という職業を知らない人がまだまだ多いのが現状でしょう。
では、言語聴覚士として働いている方や作業療法士を目指して勉強に励んでいる方はどのようなきっかけで作業療法士を志したのでしょうか?

続きを読む

【理学療法士】実習中のデイリーノートの書き方まとめ

理学療法士の学生が避けて通れないのが評価実習や臨床実習などの学外実習です。
評価実習では2~3週間、臨床実習では1~2カ月という長期間にわたり慣れない環境での実習は心身ともに負担が掛かります。
しかし、「絶対に理学療法士になるためのスキルを身につける」というしっかりとした意志があれば、学校では決して学ぶことのできない経験ができることもまた事実です。

続きを読む

作業療法士が生涯学習を続ける目的とは?

作業療法士になるには3年制あるいは4年制の大学・養成校(専門学校)を卒業して国家試験に合格しなければなりません。
作業療法士として就職しても、実はそこからが本当のスタートラインなのです。

続きを読む

【作業療法士】学校の勉強は大変なのか?

作業療法士になるには3年または4年制の大学や養成校(専門学校)を卒業しなければなりませんが、在学中には何度か筆記試験・実技試験があり、卒業するためには学力・技術を身につけるためにしっかりと勉強しなければなりません。
学生の中には試験を通過できずに留年・中退してしまう学生もおり、卒業時には入学時の半数の人数しか卒業できなかったという学校もあるほどです。
では、作業療法士になるための勉強はどのようなことが大変なのでしょうか?4年制のカリキュラムを例に紹介していきます。

続きを読む

言語聴覚士の仕事の難しさとは?

リハビリ3職種と呼ばれる資格といえば理学療法士、作業療法士、言語聴覚士です。
この中で言語聴覚士は他の2職種と比べて仕事内容や必要となるスキルが異なることをご存知でしょうか?
中には理学療法士または言語聴覚士の資格を取得して就職し、仕事をしていく中で言語聴覚士の必要性を感じて作業療法士の資格取得を目指す、つまりダブルライセンスを取得する人もおられるほどです。(理学療法士と作業療法士のダブルライセンスをもっている人はほとんどいません)
では、言語聴覚士の必要とその難しさとは何なのでしょうか?

続きを読む