Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
1月 2018 - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

2018年 1月 の投稿一覧

認知症介護実践者リーダー研修とは?

認知症介護実践リーダー研修とは、介護現場における認知度介護のスペシャリストを養成することを目的とした研修です。
この研修は、介護スタッフ(ケアワーカー)、介護福祉士、ケアマネジャーといった介護分野に携わる職種の方がよく受講されていますが、近年において認知症ケアの必要性が高まっていることから看護師や理学療法士などのコメディカルスタッフも受講されています。

続きを読む

国家資格ではないレクリエーション介護士が必要な理由

レクリエーション介護士とは、日本アクティブコミュニティ協会が認定している資格のひとつです。介護分野の代名詞ともいえる「介護福祉士」は国家資格ですが、このレクリエーション介護士は民間資格になります。
現在ではレクリエーション介護士の資格を取得していなければできない業務や施設運営はありませんが、近年の介護現場ではレクリエーションを計画・実行できる人材の需要は非常に高いと言えます。

続きを読む

社会福祉士の仕事に就くべき人。その適正とは?

社会福祉士とは定められた教育課程を修了して国家試験に合格することで取得できる国家資格です。社会福祉士が活躍する分野は多岐にわたり、福祉・行政・医療・介護・教育など分野によって大きく異なります。
主な仕事内容としては、何らかの障害や問題を抱えた方やその家族からの相談を受けて、専門的な知識や技能を以って問題解決に結びつく助言を行ったり、関連機関(病院、介護施設、福祉施設など)との連絡調整をするといった橋渡し的な役割を担います。

続きを読む

社会福祉士の国家試験で抑えるべきポイントとは?

社会福祉士の国家試験は例年1月下旬~2月上旬に年1回実施されます。合格率は概ね25~30%で推移しています。受験者には社会人も含まれるため超難関とは言い難いですが、しっかりと勉強をしなければ合格することが出来ない試験であるということは間違いないでしょう。

続きを読む

言語聴覚士の仕事と「向いている人」とは?

言語聴覚士の仕事は、主に「言葉」「聴覚」「飲み込み(嚥下)」に障害がある方に対してリハビリや支援を行なっていくことが中心となります。言葉の障害といっても原因はさまざまで、例えば脳梗塞や脳出血などの脳血管障害による構音障害、高次機能障害による失語症があります。

続きを読む

【リハビリの仕事】作業療法士の歴史と変遷

作業療法士とは,けがや病気、精神障害や生まれながらに障害がある方に対して作業(occupation)を通じてリハビリを行い、社会へのつながりを作り上げるという重要な役割を担っています。
1966年に国家資格として作業療法士という資格が制定されて以来、人数は右肩上がりに増え続けて2014年には有資格者が7万人を超えました。国家試験も毎年5000~6000人が受験している人気の資格です。

続きを読む

作業療法士の気になる評価実習の情報を紹介します!

作業療法士になるには4年制大学または3・4年制の養成校(専門家学校)を卒業して国家試験に合格しなければなりません。
養成校の増加により定員に満たない養成校もあるため、専門学校であれば入学することのハードルは低いと言えますが、入学してから単位を取得して卒業することが難関となります。
単位を取得するためには規定の出席日数に達することはもちろんのこと、中間・期末試験で一定の点数をとることが必要です。
そして、「実習」をクリアすることも単位取得のための要件となります。筆記試験は学力があればクリアできますが、実習は学力に加えて応用力や社会性を試される事になります。

続きを読む

分野別で内容が大きく変わる理学療法士の現場とは?

理学療法士が働く現場をいくつご存知ですか?病院のリハビリ室で働くというイメージがあるかもしれませんが、病院といっても急性期、回復期、維持期などがあり、それぞれの現場でリハビリの内容や知っておくべき知識が異なります。
最近では介護分野のリハビリ需要も多くなっており、デイサービスや介護老人保健施設、訪問リハビリの求人も多くなっています。

続きを読む

理学療法士の必要性が高くても給料が下がっていくワケとは?

理学療法士の必要性について、ポイントとなるのが「高齢化」です。
内閣府によると、日本の高齢者人口は「団塊の世代」が65歳以上となった平成27(2015)年に3387万人、「団塊の世代」が75歳以上になる37(2025)年には3677万人に達すると予測されています。
高齢者が増えることでリハビリが必要な対象者も増加し、今後も理学療法士の必要性はますます高まるといえます。

続きを読む