Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
12月 2017 - ページ 2 / 2 - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

2017年 12月 の投稿一覧

ケアマネジャーの国家試験合格率と難易度は?

ケアマネジャー(介護支援専門員)になるための国家試験を受験するには福祉や医療関連分野の国家資格を取得し、さらに5年以上の業務経験が必要です。
自身のキャリアアップや介護分野で働いていくために必要な知識を高めるために受験される方も多い人気の資格です。

続きを読む

言語聴覚士になるための勉強時間はどのくらい?

言語聴覚士になるには、高等学校を卒業して3~4年制の大学または短期大学を卒業、もしくは言語聴覚士の専門学校(3~4年制)を卒業することで国家試験の受験資格を得られます。 
また、すでに一般の4年制大学を卒業している場合は2年制の大学・大学院の専攻科、専門学校を卒業することで受験資格を得ることができます。また、言語聴覚士の養成に関わる基準の科目をすでに習得している方に対しては、1年制指定校を卒業するという方法もあります。
最短で言語聴覚士になるには高校を卒業して3年制の専門学校へ進学するコースです。

続きを読む

言語聴覚士として働く中で大切なこととは?

言語聴覚士はという職業をご存知ですか?理学療法士・作業療法士・言語聴覚士はリハビリテーションの3職種とも呼ばれますが、言語聴覚士は3職種の中で最も有資格者が少なく、言語聴覚士が在籍している病院やクリニック、介護施設も比較的少ないのが現状です。
しかし、言語聴覚士という仕事はリハビリテーションが必要な方にとって非常に重要な役割を担っている職業です。

続きを読む

最近注目されているクリエーション介護士の合格基準は?

レクリエーション介護士という資格をご存知ですか?新しくできたばかりの資格であるため、あまり知名度は高くないかもしれませんが、介護や福祉の現場で働く人にとっては注目をされている資格のひとつです。
介護の現場では食事・入浴・移動・更衣・掃除といった日常生活を過ごす上で、自分自身ができないこと・手助けが必要なことを援助していきます。しかし援助をしている以外の時間、つまり利用者様の余暇時間の過ごし方に注目が集まっています。

続きを読む

【実務研修】ケアマネジャー実習の流れを簡潔に解説

ケアマネジャー(介護支援専門員)になるには、まず基礎的な知識が備わっているかを確かめる「介護支援専門員実務研修受講試験」を受験して合格する必要があります。
この試験に合格すると次は「介護支援専門員実務研修」、いわゆる「実務研修」を受講して、研修修了証明書を交付してもらい都道府県へ登録、介護支援専門員証の交付となりケアマネジャーとして働くことができます。

続きを読む

保健師になるには?国家試験合格率も紹介

○保健師の国家試験合格率
保健師の資格を取得するためには国家試験に合格しなければなりません。保健師の国家試験を受験するには看護師免許を取得している事・保健師養成のためのカリキュラムを修了している事の2点が要件となります。

続きを読む

絶対合格!保健師の国家試験ポイント

毎年2月に実施される保健師の国家試験。合格率は85~90%と高い合格率で推移しています。しかし、逆に言えば1~2割の受験者は不合格になっており、誰しもが油断できる訳ではありません。
不合格となれば1年間という時間と貴重なお金を消費してしまう事となり、すでに看護師として働いておりキャリアアップとして受験する方にとっては大きな痛手となってしまいます。今年は保健師国家試験に合格するためのポイントを紹介していきます。

続きを読む

相談支援専門員初任者研修をわかりやすく解説!

障害者相談支援専門員をご存知ですか?
障害者福祉における相談支援専門員・児童発達支援管理責任者・サービス管理責任者のいずれかに従事するためには「相談支援専門員初任者研修」を受講する必要があります。
平成18年度までは障害者ケアマネジメント従事者研修という名称で開催されてきましたが、翌年から内容も一新され相談支援専門員初任者研修という名称で現在でも各都道府県で実施されています。

続きを読む