Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
介護資格 レクリエーション介護士とは - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

介護資格 レクリエーション介護士とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高齢社会が進むにつれ、介護の問題が重要になっています。介護におけるレクリエーションは、仕事とイメージが結びつかないという介護士も多くいます。介護施設で実施されるレクリエーションは目的や理由があります。今回は、介護の資格とレクリエーション介護士について調べていきましょう。

介護現場でのレクリエーションの必要性

最近、一人暮らし高齢者の引きこもりや老人うつといったことが増えています。外界から遮断された生活は心身に良いはずがありません。認知症の進行や孤独死の防止にも、他人とのコミュニケーションは非常に重要になります。

レクリエーションは高齢者の脳も活性化され、「生きる活力」が湧き、人生をより良く過ごす為にも必要不可欠といえるでしょう。

レクリエーション介護士

介護施設での身体状態に合わせた適切なレクリエーションを行う介護資格で、自分の特技を活かし、レクリエーションを提供できる人材です。高齢者一人ひとりと向き合い、その人にあった最適なレクリエーションを提案することで、高齢者の生きる喜びや楽しみを見いだすためのお手伝いをする資格です。

目的と効果

レクリエーションを行う目的や効果を下記に紹介します。

身体機能の維持と向上

高齢者は運動不足などにより、身体機能が低下してしまう傾向があります。それをレクリエーションによって、適度に体を動かすことで、身体機能の維持や老化現象の進行を抑えることができます。食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴などの日常生活動作を、自分自身でできるようになることも期待されます。

脳の活性化

脳トレなどの頭を使ったレクリエーションだけでなく、全身や手先指先を動かし、言葉を使うレクリエーションを行うと、脳の活性化につながり認知症の予防にも役立ちます。

生活の向上

高齢になると体の機能や体力が衰え、人との触れ合いや社会活動をする機会が少なくなりがちです。介護レクリエーションを行うことによって、周囲とのコミュニケーションを取ることができます。

得られる効果

年を取ると、脳の認知機能も徐々に低下していきます。脳を動かすには多くのエネルギーが必要です。血液が流れることで脳の機能低下を防ぎ、神経細胞がお互いに伝達し合うことが出来ます。

脳トレには、パズル、計算、読み書きなどの種類があります。脳トレは一種類を行ってもあまり効果がなく、認知症予防には神経細胞を活性化させることが重要で、多分野の脳トレを行うことが必要です。

ただ介護を受けているだけでは頭を使う機会が無くなり、体を動かせなくなるにつれて考える機会も失われていきます。そのような事態になるのを避けるためにも、思考を中心としたレクリエーションが行われています。

レクリエーション介護士の資格

レクリエーション介護士資格は1級と2級に分けられます。レクリエーション介護士2級の資格は特別な制限はありません。しかし、1級の資格を持っていても、2級を取得していなければ仕事をすることが出来ません。

レクリエーション介護士2級資格取得

通信講座と通学講座で受験する事が出来ます。通信講座はテキストとビデオ学習後に試験を行いますので、自分の都合の良いタイミングで受験する事が出来ます。

通学講座は、指定された認定講座が開講されている大学や専門学校に通学して受講する事で受験が出来ます。6時間の2日間を計12時間、受講した後に受験可能となります。どちらも筆記試験とレクリエーション企画書の提出等の課題2科目が行われ、筆記試験は全50問選択方式の60点以上で合格となります。

レクリエーション介護士1級資格取得

協会が指定した日時と場所で、アイスブレイク体験会に参加する必要があります。その後、4日間の講座受講後に選択制のフォローアップ研修と現場実習後に筆記試験を受ける事が出来ます。

筆記試験と小論文、実技試験の合計点数が150点満点中60%以上の場合に合格になります。全体的に難易度が2級に比べて高くなっていますが、2級資格を取得しないと1級資格は取得出来ませんので、自分の働く事業所の状況や自分のスキルと時間に合わせた1級資格受験がいいかもしれません。

まとめ

介護施設でのレクリエーション介護士の認知度は高いと言えません。日本は高齢化社会で、介護士の需要は年々高くなっています。需要に応じた介護士志望の人が増える中で、理想の職場に採用される為には他の介護士との差別化は重要になります。今後、レクリエーション介護士の認知度が上がれば各事業所に一定の人数を配備する事が理想とされる可能性もあります。介護士としてのスキルアップにも必要な、取得したい資格といえるかもしれません。

介護士としての活躍の場をお探しの際には、ふくしごとジャーナルまでお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。