Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/fukushigoto/www/wp2/media/wp-includes/post-template.php on line 284
ケアマネジャー取得に向けた効果的なの勉強と試験対策 - ふくしごとジャーナル

よく読まれている記事

ケアマネジャー取得に向けた効果的なの勉強と試験対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎年合格率が20%を切る難関のケアマネの試験ですが、試験は毎年10月に実施されていて出題される問題も難題です。今回は、試験対策としてどのような勉強方法があるのか書いてみました。

■ケアマネジャーの試験対策

平成27年度の試験より保有資格による免除が廃止されて全60問を2時間で解答することになりました。まず、試験対策で大切なことは、介護支援分野・保健医療福祉サービスの2分野から出題されますので「苦手な分野」を作らないことが大切です。合格者の約半数は、介護福祉士であり苦手な医療保健福祉サービス分野を克服することが重要でしょう。

■過去問だけ勉強しても合格が困難

過去問を中心に勉強してもケアマネジャーの出題範囲は広く、また毎年変わっていく試験の出題問題が2度出るとは、限りません、過去問を勉強する際に大事なのは、自分が間違った問題を「どこが間違いなのか、よく調べて意味を学ぶこと」が重要です。過去問は、これまでの試験の出題傾向を参考にするとよいでしょう。

■参考書は何度もチエック

書店で参考書を購入したら自分が難しいと思ったところにマーカーなどでチエックを入れてその内容を調べて理解するようにしましょう。重要だと思うところは、繰り返し読み返しましょう。最近では、インターネットで試験問題を解くためのサイトがありますので、それを利用するのも良いでしょう。

■独学で学ぶ

試験対策で一番重要なことは、時間の使い方だと思います。試験までの期間が長い場合は、家事の合間や一日何時間は、ケアマネジャーの勉強のために使うと決めて実行することです。あくまでも、無理のない計画を立てて長続きすることが重要ですので途中でモチベーションが、落ちないようにすることが理想的でしょう。

また、試験まで時間があまりないという方でしたら参考書をよく読んで理解した上で過去問のこれまでの出題傾向をチエックしながら勉強する方法が良いと思います。試験までの期間が短いので当然、集中して時間配分も長めにとって空いた時間は試験勉強に充てるとよいでしょう。

■まとめ

ケアマネジャーの試験勉強について書いてきましたが、理想的なのは、早いうちから試験対策に臨み「早めの勉強」を心がけることで合格を勝ち取ることが可能となるでしょう。

しかし、試験対策が遅れてもいろいろな工夫をして日々の生活の合間をうまく活用することで勉強をする時間は、出てくるものです。隙間時間をうまく使って勉強に集中することで合格に向けてモチベーションを高めていきながら難関試験のケアマネジャーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

介護職として、就職・転職をお考えの際には、ふくしごとジャーナルまでお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。